とにかくコミックを読みまくる人のサイト

悩殺的ギャラクシー

【DMMコミック】電子:TOPページ変更 叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて(フルカラー) 1話 SP/PC-SEO

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 【涙がこぼれたら最後だと決めていた】

投稿日:

若い頃はとても悲しかった。

恭子が20代後半のころだ。

別れを告げられ、もうダメだと思っていた。

彼は全ての人生ではない。

それは恭子も分かっていたはず。

でも、表向きだったのだろう。

彼が去ったとき、恭子はすべてを失っていたような気がした。

何日も涙がこぼれた。

仕事でも下をむいたら涙が垂れ落ちる。

食事も通らない。

恭子は夜もなかなか眠れなくて仕事に行くのが苦痛だった。

1週間ちょっとだったと思う。

あのときは、涙がこぼれたら最後だと決めていた。

まだ夜も長いのに。

そこで日々を過ごしながら、恭子はようやく活力を取り戻す。

時間は痛みを解決する。

恭子はようやく歩き出した。

できるなら、思い出のアイテムを処分したい。

少なくとも目に見えない場所に置いておこう。

彼の記憶が強すぎる部屋なら引越ししてもいい。

今の恭子には必要ないのだから。

自分に親切にしてほしい。

少し贅沢するのもいいだろう。

部屋に花を飾ったりするのも素敵だ。

香りをつけたり、美しい音楽を風のせたり…

夜一人でいられないなら、誰かに一緒になってもらおう。

恭子は少しずつ前を見始めていた…

-叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて
-, ,

Copyright© 悩殺的ギャラクシー , 2018 All Rights Reserved.