とにかくコミックを読みまくる人のサイト

悩殺的ギャラクシー

【DMMコミック】電子:TOPページ変更 叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて(フルカラー) 1話 SP/PC-SEO

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて @その時には18センチくらいにはなるだろう

投稿日:

恭子の夫は勃っていた。

その時には18センチくらいにはなるだろうか。

衝撃的な光景だった。

それは挿入の間に男性の先っぽが子宮に達したことを意味する。

それまで恭子は男性のモノをあまり気にしたことはなかった。

というか、子宮の入り口が狭いので、入っても仕方がないとさえ思っていた。

深く考えたことはなかったのだ。

最近はカラダが調教によって開発された影響だろう。

子宮深くに挿入され、快楽を知った。

おっぱいを弄られるのも好きだ。

夫は、何かのように壁にぶつかってしまう。

吐息が漏れる恭子。

さらにインテリアの使い方が上手い。

夫は恭子にさらに入ると、感じるものが両方あると言う。

何が本当に子宮に入るのだろうか…

ローションすらいらない。

自然な粘膜で恭子はたっぷりと濡れてしまっているのだ。

-叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて
-, ,

Copyright© 悩殺的ギャラクシー , 2018 All Rights Reserved.