とにかくコミックを読みまくる人のサイト

悩殺的ギャラクシー

【DMMコミック】電子:TOPページ変更 叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて(フルカラー) 1話 SP/PC-SEO

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて @恭子が必要とする男性は誰だろうか?

投稿日:

男性に限って同じことを言う。

恭子は呆れていた。

やはり、執着しないほうがいい。

このまま続けても同じ事の繰り返しである。

恭子は強く感じていた。

やらなければならないことをしなければならない。

でも何を?

彼は恭子の人生の人ではない。

それだけは断言できる。

恭子が必要とする男性は誰だろうか?

出会えるのはいつ?

10年先になるかもしれない。

それでもいい…と開き直る恭子。

思わず笑みが浮かぶ。

もっと早く見つかるかもしれないし。

恭子は意外と楽天家なのだ。

自分の行動で運命は変わる。

だから絶望せず焦らずが一番。

恭子は何だかだいぶ気が楽になったような気がしていた。

時間を待てばいい。

彼には運命のパートナーがいる。

ただ、それだけ。

恭子にも運命のパートナーがいるはず。

運命の人を決めるのは私。

恭子はコーヒーを飲み干すと、ゆっくりと帰路についたのだった…

-叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて
-, ,

Copyright© 悩殺的ギャラクシー , 2018 All Rights Reserved.