とにかくコミックを読みまくる人のサイト

悩殺的ギャラクシー

【DMMコミック】電子:TOPページ変更 叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて(フルカラー) 1話 SP/PC-SEO

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて @直感と観察が入りまじっていた

投稿日:

恭子がクスリと笑う。

去年の年末の話し。

冷静になってほしい。

約束した時間に遅れそうになり、慌てふためく恭子。

直感と観察が入りまじっていた。

あのとき、彼に見切りをつけるべきだった。

まだ若いんだから、と友人も言う。

本当に私の人生で歩くことができるのだろうか。

恭子には、それが心配だったのだ。

本当に幸せになる、いやならなければ。

素敵な人を見つけた方がいいのは断言できる。

恭子にとって一番いいものは何だろう?

冷静に考えて、頑張りたいと願う気持ち?

将来を考えていたので、彼のことを好きだっただけ。

目が覚めて、これ以上付き合えない、と思っているのかもしれない。

結婚も家庭生活も。

そして、今後の子育ても…

恭子は感じ取っていた。

いろんな面で価値観が合うかどうかが大事なのだ。

価値観の違いがあると、やっぱり合わないのだろうか…

-叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて
-, ,

Copyright© 悩殺的ギャラクシー , 2018 All Rights Reserved.