とにかくコミックを読みまくる人のサイト

悩殺的ギャラクシー

「 叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 」 一覧

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 【数秒の沈黙の後、恭子が口を開く】

引越しをしたい。 そう提案したら、恭子は頑なに反対した。 今のこの部屋で充分じゃない。 いや、そうじゃないんだ。 ぼくは引越しがしたい。 この部屋はとても環境がいい、だけど長く過ごし過ぎたかもしれない ...

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて ※だから何が食べたいの?って聞きたいの

ランチは何にする? もうすぐでお昼。 恭子が何を食べたか僕に聞いてきた。 はっきり言って、何でもいい。 …なんて答えてしまうと、いつも喧嘩になってしまう。 何でもいいって何? だから何が食べたいのって ...

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて @直感と観察が入りまじっていた

恭子がクスリと笑う。 去年の年末の話し。 冷静になってほしい。 約束した時間に遅れそうになり、慌てふためく恭子。 直感と観察が入りまじっていた。 あのとき、彼に見切りをつけるべきだった。 まだ若いんだ ...

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 【プロポーズせずに彼氏と彼女の関係のままでいい】

彼にとっては、そうではなかったと思う。 恭子はやっと気づいた。 結婚の責任を取るのは誰? 誰かが助言しようとしている。 恭子は逃げたくなってしまったのだと思う。 当時はまだ26歳。 なので、多分もっと ...

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて ※すべてが水面下にあるわけではない

恭子は悟った。 夜に夫婦生活がないのであれば、夫婦であることは無意味だ。 恭子は妻の立場。 もともと率直な意見を言う性格ではない。 出産後、もっと正直に打ち明けていれば… 後悔しても遅い。 夫は時間が ...

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて @恭子が必要とする男性は誰だろうか?

男性に限って同じことを言う。 恭子は呆れていた。 やはり、執着しないほうがいい。 このまま続けても同じ事の繰り返しである。 恭子は強く感じていた。 やらなければならないことをしなければならない。 でも ...

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて ※恭子が笑っているのは強がりだろうか

どのくらい? 思わず聞き返す恭子。 ここでみんな元カレのことは忘れて。 次は恋をするつもりだ。 恭子が笑っているのは強がりだろうか。 そんな単純な恋愛でもいい。 本人から言葉が聞ければ… それほど強い ...

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 【涙がこぼれたら最後だと決めていた】

若い頃はとても悲しかった。 恭子が20代後半のころだ。 別れを告げられ、もうダメだと思っていた。 彼は全ての人生ではない。 それは恭子も分かっていたはず。 でも、表向きだったのだろう。 彼が去ったとき ...

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 【恭子との関係は、なるべくしてなったということ】

恋人として見られなくなった。 突然の告白。 目をキョトンとさせる恭子。 でも、別れる理由がないと言われた。 一体どういうことだろう。 恭子には付き合って10ヶ月になる彼がいる。 半年くらいセッ○スレス ...

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 【手入れがきちんとしているなら大丈夫?】

恋人の条件は? 恭子は雑誌を読んでいた。 夫の部屋で見つけたものだ。 初対面の方が浮気をしているわけではないそうだ。 手入れがきちんとしているなら大丈夫? もちろん、恭子にとっては清潔感があることも大 ...

Copyright© 悩殺的ギャラクシー , 2018 All Rights Reserved.